2017年7月31日 (月)

 こんにちは!JAおおいたです。

大分市内では夕立のような一時的な雨が多く、ジリジリとした暑い日が続いております。

夏休みでお盆やお出かけ、家の中でも、暑さ対策を万全にして過ごしたいですね。

 

前回中干しを行ってからの状況ですが、

私は昨年とは違う形で今年の夏をなめていました。

 

Photo1

(中干し2日目、7月17日)

これは中干しという段階を通り越したのでは…

まだ葉が若干青いので水を入れればまだ青く茂る可能性があるかもしれない!

と望みをかけて水を足したのですが、

 

Photo2

Photo3

(7月20日)

 

稲の世界はそんなに甘くないようでした。

 

ところで、なぜ②番(右)と③番(左)が特に枯れていたのかな、と思っていたのですが、

どうやら植え付け時の苗が多すぎたようで、苗同士の水の取りあいが激しかったのでは?(特に②番)と

組合員さんからお言葉をいただきました。

分げつのことを考えて、欲張らずにちゃんと適正な本数で植え付けないといけないということを身をもって体験しました。(②番は私が植えた苗でした…)

 

それでも数本、青い部分もあるので持ち直すかもしれないと思い、そのまま水を上げていました。

現在のバケツ稲です

Photo4

①番

Photo5

②番

Photo6

③番

Photo7

④番

Photo8

⑤番

 

順風とは言えませんが、なんとか青々とした稲が出てきてくれました…!

ちなみに花壇の稲ですが

Dscn0634

草かな?

 

間隔を空けずに植え付けたので昨年よりも生長できていない状態です。

これも30㎝以上間を空けて、肥料をあげないと生長しないよとのご助言いただきました。

昨年とおなじ状態で植えたものもあるのですが、間隔を空けることは大事だなと思いました。

これから出穂まで見守りたいと思います!

2017年7月13日 (木)

 こんにちは!JAおおいたです。

最初に、先日の大雨による被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。

大分市内でも一部地域で避難勧告が出るほどの大雨に見舞われました。

バケツ稲は倒れていないか、花壇の稲は折れていないか、アリの巣はどうなったのか気になる夜でした。

現在晴れが続き、日中30度以上の高温が続いております。熱中症対策を万全にして、涼しい環境づくりに努めたいですね

 

そしてこの晴れを利用して、バケツ稲の中干しをしたいと思います!

Dscn0607

稲も全て無事に育っています!

前回のアリの巣も無事でした!(むしろ巣穴が広がっている気がします……アリは強いです)

稲の中干しですが、土にヒビが入る程度で、葉が黄色くなりかけたらすぐに水を入れるのだそうです。

乾燥には環境によって1日だったり数日かかったりするそうなので、毎日確認しながら、干していこうと思います!

 

Dscn0610

バケツの水を全て抜きました。

これから気温が高くなるようなので、昨年の悲劇を繰り返さないように気をつけたいと思います!

2017年7月 3日 (月)

  こんにちは!JAおおいたです

先週の雨からうって変わって、土日は暑い日が続きました。

熱中症の対策は万全でしょうか?

 

前回の植え付けから1カ月の間、特にこの1週間は雨がずっと続いていたのでついつい水やりもおろそかになっていました。久しぶりにバケツ稲をのぞきに行くと

1

雑草なのか稲なのか分からない状態にまでなっていました。

暑い中ですが朝のうちに草むしりをします。

が、ところどころ土が乾いています……?

 

2

アリの、巣……!?

この1カ月、ひそかにアリの巣が出来上がっておりました。

穴の場所は

3

先ほどの場所

4

稲と稲の間、および稲の傍に3つ穴

5

反対側の側面―の3カ所に入口がありました。

おそらく、地下で全て繋がっていると思われます。

駆除も出来るかもしれませんが、「逆に稲にどれだけ影響するのか見てみたい」

という興味で、このまま見守りたいと思います!

ですが草むしりはしなくてはいけないので、ゆっくり、ゆっくり巣を埋めないように…

 

6

草を抜いた途端大量発生!靴に上って来てます!

(写真では全く取れませんでしたが、大量のアリが素早く動きまわっていました)

 

肝心のバケツ稲ですが、こちらは順調に生育していました

7

バケツ稲の水はボウフラが発生しやすいので、定期的に入れ替えた方がいいかもしれません。

そろそろ中干しもしようと思います!

2017年6月 9日 (金)

 こんにちは!JAおおいたです

今週梅雨入り宣言しましたが、大分市は日差しの強い日が続いております。

外にお出かけする際は熱中症に気を付けたいですね!

 

JAおおいたのバケツ稲ですが、この1週間でぐんぐん成長が進みました。

すでに分げつ(昨年の記事参照)の進んだ苗が出てしまいましたので、仕事の合間を縫って移し替えを行いました!

 

Photo1

昨年よりも植え付け密度が高いので、かなり生い茂った状態になっています

 

「それぞれのバケツ稲で育った苗を選んで植えよう」

ということで、生育の良しあしは関係なく苗を選別しました

Photo2

今年は土を2袋購入したので、移し替える前に再度土作りをしました。

残った苗は…

 

Photo3

先日作った花壇の空き部分に植え付けました!

直接植えた花壇苗ですが、小さいながらも無事生育しています!

 

さて、移し替え後のバケツ稲ですが…

Photo4

①番のバケツ

Photo5

②番のバケツ

Photo6

③番のバケツ

Photo7

④番のバケツ

 

そして前回モヤシっこだった⑤番のバケツですが…

 

Photo8

無事青葉に生長しました……!(T0T)

 

残りの花壇ですが

Photo9

……雑草と間違えられないように気をつけます。

 

(外側に茂った苗がありますが、実は「もう芽は出ないだろう」と思い塚を作って埋めた種が伸びたものです。稲の生命力ってすごいです…!)

 

2017年6月 1日 (木)

 こんにちは!JAおおいたです

6月に入り衣替えになりました!

まだ肌寒い日もあります、風邪にはお気を付けください

先日芽だし、植え付け後の余った種ですが

Dscn0577

もやし状態になっています。昨年よりもひどいありさまに…

もったいないので、今年も花壇に植え付けます!

 

昨年はバケツ稲の苗の移し替えの時に、余り苗を花壇に植え付けましたが、

今年はこの種から直接花壇に植えてみることにしました!

Dscn0585

しっかり畝(うね)立てして、少し本格的です!

土の条件が良くないので、まだ稲苗というより、雑草のようで間違えて草むしりされそうです……

 

そして現在のバケツ稲ですが、

①番のバケツ

Dscn0587

②番のバケツ

Dscn0588

③番のバケツ

Dscn0589

④番のバケツ

Dscn0590

数人で植えつけたので、植え付けに個性が出ています。

根がしっかり張るように植えつけることが大事なのだなと思いました。

 

そして私の上司が芽だししてくださった⑤番のバケツ

 

Dscn0591

が、がんばれ⑤番……!

2017年5月19日 (金)

 こんにちは!JAおおいたです

GW明けから2週間経ちましたが、これから大分県内では本格的に田植えが始まろうとしています!

バケツ稲栽培も2年目、昨年の教訓を活かし、

平日に芽だしをしました。気温も温かいおかげで1日経て理想の姿に!

Dscn0565

Dscn0092

どうでしょうか!?なかなかの良い芽だし具合になりました!

ただし、JA職員としての業務もあり、実際に植えるころには……

 

Dscn0576

これです。歴史は繰り返されていくのですね……

今年も西部営農資材センターさんにお世話になり、みのりエースを購入。

土作りをしました

 

Dscn0568

もうすこし水を足していきます。

 

今回、⑤番のバケツには、米栽培歴うん十年の私の上司が芽だしをしてくださった種をまきました!

Dscn0567

Dscn0570

(休み明けに突然コーヒー缶が置かれていたので、差し入れ?と思ったのは内緒です…)

 

今年の栽培場所は少し木陰になりました!

Dscn0573

そして残りの種

 

Dscn0575

非常に余っております。

こちらも昨年同様、花壇での栽培にチャレンジします!

2017年5月12日 (金)

こんにちは!JAおおいたです

昨年栽培が始まったバケツ稲ですが、なんと今年も栽培させていただくことになりました!

昨年の栽培の様子は…こちらにまとめて掲載しております。

2年目の今年も先輩職員さんの手を借りながらがんばって栽培します!

 

今年は昨年の教訓を踏まえて

・栽培場所はアスファルトの上にしない(猛暑による高温で稲に実が入らなかったため)

・栽培品種をヒノヒカリに変更(大分県で最も栽培されており、栽培しやすいため)

 

など、穂に実が付くことを目標にがんばりたいと思います!

(今年もカメムシと戦います!)

2016年12月28日 (水)

こんにちは!JAおおいたです!

大体の企業さんは28日に仕事納めをするそうですが、JAおおいたは30日まで業務を行っております!

 

前回しめ縄の基まで作りました。今日の飾り付けでバケツ稲栽培、一旦終了です!

(ちょっとさびしいような…)

実はしめ縄飾りは事前に作っていたのですが、「飾り付けは28日だと末広がり(八)で縁起がいい」という話を耳にしたので、この日までガマンしていました。

 

使う道具は、白い紙、水引、赤・金などの折り紙や和紙です!

水引はご祝儀袋の飾りがきれいです!

Dscn0482

白い紙を稲妻の形になるように切り、紙垂(しで)を作ります。

大きさは作ったしめ縄の円の半分のサイズでよいそうです。

 

切り方が若干難しい…

などと夢中で切りすぎて、作っている間の工程を撮り忘れていました。

 

Photo7

これが……

Dscn0484

こんなにきれいになりました!!

(しめ縄の荒い部分がごまかせました!)

そして飾り付けの本日、たくさんの方にお願いし、飾っていただけることになりました!

Image3

本店・2階の窓口さん

Image4_2

本店・1階の金融、共済窓口さん

 

Image5

中西部事業部・大分支店さん

 

 

Image6

フレッシュパーク花野果(はなやか)さん

 

花野果さんには私の作ったしめ縄よりずっと立派なものが販売されていました

 

Dscn0491

さすがプロは違いますね…!

 

 

今年の4月から始まった「バケツ稲栽培日誌」。

「1等米を作りたい!そして食べたい!」という目標で生長の様子を、少ないながらブログでアップしていきました。

芽だしから土作り、植え付け、水管理など大変な思いで稲作をしているんだと勉強になりました。先輩職員の方々にはさまざまな場面でお世話になりました。

(そしてまさか最後にしめ縄を作ることになるとは思いませんでした…)

 

1等米どころかお米も実らない失敗続きの栽培でしたが、さまざまなノウハウやアドバイスを教えてもらい、私にとって実りある9カ月になったなあ、と思っています。

 

また機会をいただけたら、バケツ栽培に挑戦したいです!!

 

2016年12月21日 (水)

 

 

こんにちは!JAおおいたです!

年末の大掃除はゴミ回収日の確認がポイントだそうです、農業用の廃ビニールや農薬は捨てられませんので、お近くのJAでご確認くださいね!

 

 昨日1日水に浸したわらですが、いい具合にしなっとなっておりました。

アドバイスいただいたゴム金槌について相談したら、先輩職員さんが立派なゴム金槌を持ってきてくださいました!!

Photo1

これでしっかりわらが打てました……!!

さすがです!

Photo2

何回か打った後、1時間ほど日当たりの良い場所で乾燥させて今度はメインのわらを編む作業です!

 

 Photo35

1束およそこれぐらいの量を……

Photo3_2

編んでいきます。

三つの束に分けた後、真ん中と右側の束を左にねじり合わせながら巻き上げ、

それを仮止め後、残りの束をねじりながら先ほど巻き上げた束に巻いていきました。

 

Photo4

こちらは熟練した私の上司の仕上げ。巻きの方向まで存じていました。

さすがでした……

Photo5

上が先輩職員さんの仕上げ、下は作りかけの私の縄です。

仕上がりが全くちがいます。これが経験の差というものでしょうか…。

少ないといいつつ、なんとか5個のしめ飾りができました!

 

Photo7

湿っていては飾り付けができないので、まずは乾燥。

もうすぐしめ縄が完成します!!

2016年12月20日 (火)

こんにちは!JAおおいたです!

年末の大掃除は済んだでしょうか?

 

前回わらすぐりしたわらですが、年末の慌ただしさもありわら作りがこんな時期になってしまいました。なんとか今年が終わるまでには終わらせたい!と一念発起、仕事の合間にわらを水に浸しています。

いつも手伝ってくださる先輩職員は今日は忙しそうなので本を見ながらひとりチャレンジです!

Photo1

 

冷たい!寒い!

わらが入るほどの大きな入れ物が無いのでバケツに水を張り浸しています。

もっと暖かい日にしておけばよかったです……

 

Photo2

先の方から徐々に曲げています。これで2時間くらい経った後…

 

Photo3

ここまで曲がりました!

なんとなくわらから出汁(だし)が出ています。

 

ここで本を確認。

 

……木づちや野球バットなどで叩く、とありますが、そんな良いものがJAの建物の中にない……

 

Photo4

これで良いんじゃないですか…?やってみないと分からないですよね!

ということでわら打ちします!

Photo5

ガンガン叩いています。意外にも叩く感触は良いですが、稲の節が若干硬い気がします。

そこへたまたま立ち寄った別の部署の先輩方がアドバイスをくださいました!

 

・1日くらい浸した方が良い

・今の気候なら温水の方がわらが柔らかくなる

・わら打ちはゴムの金槌が使い勝手が良い

・しめ縄には品種「あきまさり」が丈が長くておすすめ

 

なのだそうです。元はお米を食べるためだったので、「あきまさり」はまた次の時に考えよう、と心にとどめておきました。

それにしても、温水の方が柔らかくなるなんて、聞いてよかったです……

なのでもう一度今度はお湯を張って浸しました。

Photo6

重しをのせて、前よりもっと曲がるようになりました!

ちなみにわら打ちに使ったお茶の缶(中身入り)ですが。

 

Photo7

途中で止めて本当によかったです。